スタッフブログ

6.152017

蓄電池導入後、デイタイムの消費量がたったの1kWhに!

6月は梅雨の季節ですが、私の家の6月の売電がなんと26,352円。
カラ梅雨にもほどがある!(笑)

売電

商談の際に、「太陽光発電システムは5月と8月の発電が多くて・・・」と以前はよく説明していましたが、最近は気候がおかしいのか、10月が5月並みかそれ以上に発電したり、今月のように梅雨真っ最中なのに5月よりも多い発電量を記録したり、一概には言えなくなってきました。

まあ、そんなことよりも、今月の検針票は買電のデイタイムの消費量に注目!

買電

なんと、今月のデイタイム(朝10時~夕方17時)の1ヶ月の消費量がたったの1kWh❗ 
普通ならあり得ない、本当にこの家で生活しているのか疑わしくなるレベル。

これぞ蓄電池の効果ですね。

蓄電池を導入する前は、ひと月あたり15kWh程度消費していました。
それが、蓄電池を導入すると一桁の消費になり、ついには今月のように1kWhを達成しました!
別に特別に倹約したりはしてないんですけどね。
普通に生活し、普通に働いていただけです。

蓄電池導入前は、我が家はオール電化なので、「電化deナイト」の料金体系を考えて、ひげ剃りの充電や食洗機、洗濯機などの運転は夜10時を過ぎてから動かすように気をつけていました。
蓄電池導入後は、経済性モードのおかげでナイトタイムの電気を蓄電して日中に消費するので、まるで「いつでもナイトタイム」みたいな感覚になりました。その結果、これらの生活機器を夜10時まで待って動かす必要がなくなり、時間帯を気にせずに好きな時に動かすようになりました。

それでいて、このデイタイムの電力消費量が1kWhなのです。(「1kWh」という数字は、1ヶ月間の電力消費の事実上の最小値です。)

これは蓄電池なしでは有り得ないことです。

蓄電池を導入すると、時間帯を気にせず電気を使用できるようになります。オール電化の時間帯を気にしながら生活すること(=私は「節約疲れ」と呼んでいます)から開放されて、心理的にリラックスした生活が出来ますよ。

用松 俊彦

過去のスタッフブログ

  1. 9.92018

    ついに来た!九電の出力制御「予告」通知

    昨日、九電から当社宛に「今秋の九州本土における再生可能エネルギー出力制御の見通しのお知らせ」なる書類...

  2. 8.302018

    「九電、今秋にも出力制御」

    新聞各紙の報道によると、九電が今秋にも遠隔操作による出力制御を実施する見込みだそうです。

  3. 8.282018

    当社の月の浦発電所を見学に来られました!

    本日、一般の方から弊社「月の浦発電所」の見学申込みがあり、受け入れとともに私が説明対応させていただき...

  4. 3.262018

    「耳障りのいい説明」にはご注意ください。

    最近、太陽光発電システムのセールスで、「耳障りのいい説明」をして、お客様を丸め込んで契約に持ち込もう...

 

人気の商品

太陽光発電システム

会社案内

エコテックコンテンツ

ページ上部へ戻る