スタッフブログ

1.262019

『えっ!太陽光発電の電気が売れなくなる?』

最近、2019年11月以降に国の買取期間が終了し始める太陽光発電設備があることに関して、このようなタイトル(『えっ!太陽光発電の電気が売れなくなる?』)のアオッたチラシを投函してまわっている業者がたくさんあります。

20190124215556_00001

はっきり書いておきます。
このチラシは騙しです。

2019年11月を過ぎても、太陽光発電の余剰電力はどこかの会社が買い取りをしてくれます。
国の買取は2019年11月以降、売電開始から10年を迎えると終了しますが、それ以降太陽光発電の電気が売れなくなるわけではありません。

資源エネルギー庁のホームページにはっきり書かれています。
 ↓
どうする?ソーラー

※このページの途中に「買取期間満了後の選択肢」という項目があります。そこには以下のように書かれています。
(1)自家消費(電気自動車や蓄電池・エコキュートと組み合わせて自家消費)
(2)相対・自由契約(小売電気事業者に対し、相対・自由契約で余剰電力を売電)

買取期間満了を迎える方々は、くれぐれも最初に掲載した赤いチラシ(『えっ!太陽光発電の電気が売れなくなる?』)に引っかかってとんでもない金額の単機能蓄電池を契約してしまわないように気をつけましょう!

用松 俊彦

過去のスタッフブログ

  1. 1.312019

    「太陽光発電で発火」報道について

    「太陽光発電で発火、10年で127件 住宅に延焼も7件」(朝日新聞)1月29日(火)に朝日新...

  2. 1.262019

    『えっ!太陽光発電の電気が売れなくなる?』

    最近、2019年11月以降に国の買取期間が終了し始める太陽光発電設備があることに関して、このようなタ...

  3. 10.282018

    経済産業省が2019年以降の買取期間満了についての情報発信を始めました!

    10月25日(木)に経済産業省(資源エネルギー庁)が、正式に2019年の買取期間満了とその後どうすれ...

  4. 10.282018

    電化でナイト・セレクトの落とし穴(2)

    2016年9月4日付けのブログ「「電化でナイト・セレクト」の落とし穴」で私はこう書きました。

 

人気の商品

太陽光発電システム

会社案内

エコテックコンテンツ

ページ上部へ戻る