スタッフブログ

3.262018

「耳障りのいい説明」にはご注意ください。

最近、太陽光発電システムのセールスで、「耳障りのいい説明」をして、お客様を丸め込んで契約に持ち込もうとする販売店が増えています。
競合他社がこの種のセールスをしてくることは、過去にも経験がありますが、「耳障りのいい説明」ばかりする販売員を使う販売店は、経験上遅かれ早かれ市場から消えていきます。

「独自保証」「無料点検」「アフターフォローで毎月(あるいは毎年)お伺いします」「撤去無料」「30年保証」etc…
この類はすべてウソです。これらのことが実施されているものを見たことがありません。

問題はこれら「耳障りの良い説明」を信じてしまうお客様があまりにも多いことです。

皆さん、騙されないように気をつけましょう!

<よくある「耳障りのいい説明」の例>

1、“当販売店の独自保証”

「メーカーの保証とは別に、自社の独自保証があります」などと言って販売する会社が跡を絶ちません。この手の説明を聞いたお客様の大半が騙されます。さすがに、同じ建設業界にお勤めのお客様などは「販売店の独自保証」なるものが存在しないことは、仕事上知っているので騙されませんが、一般的なお仕事のお客様はご存知ないので、「販売店の独自保証」なるものの怪しさに気づかずに口車に乗せられて契約してしまう方が多くいます。

はっきり言います。「独自保証」とは「全く保証していない」のと同義語です。

「独自保証」に釣られて契約してしまった方は、10年近く経過した後に自費で修理や交換をする羽目になることが確実です。
太陽光発電システムの修理や交換などの費用はとんでもない金額になることが多いです。なにせ、通常メーカー保証の枠内や火災保険を適用させる「アフターサービス」に「値引き」はありませんから。

「問題になったら販売店に文句を言えばいいや。」

そう思われる方がいるかもしてませんが、甘いです。
問題が発生した時は、すでにその販売店はなくなっています。文句を言う相手がいません。結局、自分で解決せざるを得なくなります。

2、“無料点検”

1ヶ月目の無料点検くらいはやっている会社があるかもしれません。頑張ってる会社で1年点検くらいでしょうか。
それ以降は誰も来なくなります。有料点検なら別ですが。
ただ、点検と言ったって、何をやるんでしょうね?設置工事時に試運転したり動作確認したりしているので、1ヶ月後とか1年後に敢えて点検する必要はないのですが・・・。

販売店が点検をすると言ったって、せいぜい太陽光のリモコンを見る程度が関の山ですよ。
そんなことを約束されても、私なら嬉しくもなんともないです。

設置後の「点検」とは、太陽光発電システムを設置する時の契約金額を安くしておいて、安くした分を後から点検費用と称して回収したり、他の商品をセールスするための方便です。

住宅用の太陽光発電システムは、そもそも定期点検を必要とはしていません。

販売店や営業が訪問する必要があるのは「故障時」です。
故障の際には、遠慮なく販売店に連絡して担当者を呼ぶべきです。
問題は、設置後数年経って故障発生時に販売店に連絡をしたら、販売店が潰れていたり、担当が辞めていたりして、連絡がつかないことが多いことです。

故障の連絡が来たら、私は必ず訪問して初期対応しています。製品内部の故障の場合、お客様が直接メーカーに連絡するよりも、私のような業界の専門家が間に入って故障内容をメーカーに報告する方が、より正確に状況がメーカーに伝わるので、結果的に早い復旧につながるります。
それでなくても、「エラー表示の誤作動」など、実際は故障ではないケースもありますので、私自身も製品の勉強になり、経験値が上が
るので、私は積極的に故障対応で訪問するように心がけています。

3、“アフターフォローで毎月(または毎年)お伺いします”

断言します。セールスした販売員の90%以上の人は、契約後、設置して代金の入金が終わったら、二度と訪問しません。

仕事柄、他の販売店が販売した太陽光発電システムやエコキュートなどのユーザー様とお話しした際に、返ってくる言葉は
「(以前、太陽光発電システムを契約・設置した)販売店は全然来ないよ」と言われます。
各販売員が、如何に来ていないかが分かるエピソードです。

4、“10年間の売電終了後、太陽光発電システムが不要になったら無料で撤去してあげます”

こんなことを言う販売員が多くいることも驚きですが、それを信じてしまうお客様にもオドロキです。
販売する側の立場で考えれば分かりそうなものですが、「太陽光発電システムを契約してあげるから、今後システムに関係する出来事で発生する費用はすべて無償にせよ」と言われて「OK」する人はいませんよね。
仮に「OK」する人がいたとしても、実際に工事が発生した大事な時に、OKした張本人は間違いなく行方をくらまして居なくなっています。
販売店がどのように説明しようと、「無料で」撤去してくれる業者など存在しません。

5、「30年保証」

こんな保証はそもそもどのメーカーにも存在しませんよね。
「いや、当社は独自に『30年保証』を用意しています」などと言われた場合は、先に記した「当販売店の独自保証」欄に書かれている通り、「無保証」状態に陥る確率が上がりますのでご注意下さい。

6、「モニター」に当選しました!

こんなセリフを吐く営業は、すべてのお客様に対して「「モニター」に当選しました!」と言って回っているはずです。
今どき「モニター販売」をやっている会社など皆無ですよ。

まだまだ書き足りないですが、大事なのは、どんな些細なことでも良いので、軽々しく「無料」とか「サービス」とか言ってしまう営業員は問題があるので、信用しないことです。

用松俊彦

過去のスタッフブログ

  1. 10.132018

    九電による出力制御初日。なんと当社の物件が出力制御対象に!

    昨日、九州電力が10月13日(土)より一部地域で10kW以上の太陽光発電設備の出力制御を行うという発...

  2. 9.272018

    「週刊ダイヤモンド」による太陽光に対するネガティブキャンペーン

    9月25日(火)に衝撃的な記事がyahooの見出しに出てきました。

  3. 9.92018

    ついに来た!九電の出力制御「予告」通知

    昨日、九電から当社宛に「今秋の九州本土における再生可能エネルギー出力制御の見通しのお知らせ」なる書類...

  4. 8.302018

    「九電、今秋にも出力制御」

    新聞各紙の報道によると、九電が今秋にも遠隔操作による出力制御を実施する見込みだそうです。

 

人気の商品

太陽光発電システム

会社案内

エコテックコンテンツ

ページ上部へ戻る